金融関連のビザや野村への投資

金融関連の企業というと、日常的に触れるのは銀行くらいのものだという人も多くいます。しかし、実は経済の中心となる役割を担っていて、日常生活の中でも関連する部分は非常に大きいと言えるでしょう。例えば、野村というと、日本で最大の証券会社ですから、株式などの取引をしない人には関係がないと考えてしまうかも知れません。しかし、巨大な企業ですから日常生活の中の多くに関連しています。例えば、子会社の野村総合研究所は、コンビニのATMの開発にも携わっています。野村證券の店舗にはコンビニに設置してあるATMと同じものが設置されているのを見たことがある人もいるでしょう。このような事業にも積極的に参加していますし、ほかにもいろいろな企業に投資を行っていますから、日常生活の中で触れることも多いです。信販関連の企業も金融関連の企業です。例えば、クレジットカードで有名なビザは世界的な金融関連企業だと言えるでしょう。もともとは決済機能を提供する企業として登場し、クレジットカードの普及を牽引してきました。株式はニューヨーク証券取引所に上場していています。インターネットが普及することによってクレジットカードの利用頻度も増えてきましたが、それとともにセキュリティの問題も指摘されるようになります。インターネット決済のために、ビザでは3Dセキュアの胃認証システムなどを導入して、安全な取引ができるようになっています。日本ではビザのブランドのクレジットカードがたくさん発行されていますが、これらは直接的にライセンスを受けている企業と、その企業と提携しているものとがあります。かつてはビザと直接ライセンス契約を結んでいる企業は少なかったのですが、現在は多くあります。

ページの先頭へ戻る