ロイターの情報で新明和工業に投資?

ロイターと言いますと、政治や経済のニュースを流している会社というイメージがあるのではないかと思います。ですから、株式などの投資情報とロイターは、なかなか頭の中で結び付かないと言えますが、実はロイターでは投資情報も扱っているのです。従って、ロイターのホームページで例えば「新明和工業」と入力しますと、「新明和工業」に関する株式情報が出てきます。すなわち、「新明和工業」では防衛省向けUS−2型救難飛行艇の製造が順調に進捗しているとか、ボーイング社向けの受注が増加する見通しだなどという情報が出てきます。政治や経済のニュースが専門の会社の割には、意外と詳細な情報が出てくるなと思われるかもしれませんが、実はロイターが政治や経済のニュースを流している通信社であるというのは旧い認識で、今では市況速報等の金融情報提供がメインの会社となっているのです。ですから、政治や経済のニュースが専門の会社の割には詳しいという認識ではなくて、金融情報提供がメインの会社の割には政治や経済のニュースにも詳しいのだなと言ったほうが正解だと言えるでしょう。このようなイメージの固定化に伴う誤解というものは、よくあることです。例えば、先に紹介した「新明和工業」という会社ですが、この会社をダンプ・カーの会社であるとしてイメージを固定化してしまうと、防衛省向けUS−2型救難飛行艇であるとか、ボーイング社向けの受注などという言葉と「新明和工業」を結び付けることが難しくなりますし、以前そのような話を聞いていたとしても、「新明和工業」の別の顔であるダンプ・カーの話を聞くと、前に聞いた話は自分の勘違いだったのかななどと思えてくるものなのです。

ページの先頭へ戻る