オートバックスに投資で得る株主優待カードと限度額

オートバックスは全国でも各地に存在するカー用品店の大手で、1947年に創業された企業です。創業者がアメリカに渡ったときに、カー用品の総合専門店が存在していたのを目にして、それを日本でも展開したらどうかという発想で事業が生まれています。

正式名称はオートバックスセブンで、セブンを除いた名称としても全国でも親しまれている企業です。
現在ではフランチャイズを展開しており、カー用品の国内外への卸売・小売販売から車の買取・販売までの事業を行なう会社として知名度もあります。

創業からの高度経済成長に伴い、人々のカー所有が当たり前の時代になったことに伴い、それと同時に発展したのがオートバックスセブンです。1993年には東証一部にも上場し、現在の株価水準は2,000円で単元株が100株単位となっています。

そのため、オートバックスセブンの株に投資を行なう場合には、20万前後の投資金が必要となります。オートバックスセブンに投資する魅力は、株主優待として株主優待カードのポイントが貰える事です。

1ポイントを1円としてオートバックスで利用することが可能で、仮に100株の所有であれば、3000ポイントのカードが貰えます。しかも所有株数が300株以上7,500ポイント、1,000株以上が10,000ポイント、3,000株以上なら15,000ポイントと所有株数に応じて沢山、ポイントが付与される仕組みになっています。

また株主優待カードの利用については限度額がなく、集めれば何枚でも使用できるので、高価なカー用品だけでなくサービスなどに使用できるのでカーマニアにはメリットが大きいです。但し一部には使えない用品やサービスもあることに注意を要します。

限度額にも左右されない株主優待カードは金券と同じため、それを得るためにも投資する価値も高く人気で、それが株価にも反映されています。

ページの先頭へ戻る